米国と中国の思惑は?

今の世界経済で台風の目となっているのは、まぎれもなく中国でしょう。しかし世界経済の王者として依然として覇権を握っているのは、ドルを生み出すことができるアメリカで間違いありません。この両者は今、TPPとFTAAPを巡った思惑で対立関係にあるといえます。
簡単に言えば、アジアと太平洋を含んだ巨大な経済圏の主権を巡って対立している状態、といえるでしょう。そのためにアメリカはTPPを推進し、中国はFTAAPを推進しているのです。TPPが実現すれば、アメリカは太平洋のはるか向こうの巨大経済圏まで支配することになります。しかしお隣の大国はこれを良しとしません。TPPが構築されてしまう前に、FTAAPを構築し、その主権を握りたいのです。
つまり、アジアと太平洋における経済の支配権を得たいというのが、アメリカと中国の思惑なのです。
そしてここで重要になるのが経済大国である日本でしょう。アメリカも中国も、日本は敵にしたくない相手です。どちらも敵に回さぬように、どちらの言いなりにもならないように、自らの主張を貫くことが重要になってくるのです。そしてそれが、両大国間の覇権争いを傾かせることになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です