FTAAPが実現すると?

FTAAPが実現することによって、実際にどのような影響を私たち日本が受けるのでしょうか?その答えは「TPPと同じ」です。
これを理解するためには、まず関税について理解する必要があります。関税というのは、外国からの輸入品に高く税金を設定することで、自国の商品を国民が購入するように仕向ける仕組みです。つまり、地産地消を促し自国の経済活性化を図るための仕組みなのです。
TPPやFTAAPによってこれを撤廃してしまうと、外国の商品が安く手に入るようになります。よくTPPが実現すると日本の農業が大打撃を受けるなんて言われているのは、これが理由です。外国から安い野菜や肉がどんどん入ってくれば、日本国民だって背に腹は代えられません。安い方に飛びついてしまいますよね。結果、日本の農業が衰退してしまうということです。
このデメリットのみを見てみると、日本の農業は経済の空洞化ともいえる状況に陥ってしまうように感じますよね。しかし発想を逆転させると、これは日本にとっても大きなメリットを得るチャンスともなります。外国にモノを売りやすくなるということでもあるからです。
外国の立場にたって考えてみましょう。「日本製」というのは、それだけで世界でもトップクラスのブランド力があります。車にしても、家電にしても。その品質の高さが外国では大好評なのです。しかし今までは関税によって高級品となっており、一部の富裕層のみしか気軽に購入することができませんでした。関税が撤廃されれば、外国の人々は日本製の商品を購入しやすくなりますよね。日本も大きなメリットを得られるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です